海外で就職する

「グローバリズム」「グローバル化」「グローバル人材」という言葉が出て来て久しくない昨今。海外で就職することは何も若い人だけのことではありません。当たり前のような残業、参加しないと出世に響く飲み会、年功序列で実力があっても上司に手柄を譲らないといけないなど、日本の悪しき習慣に辟易している人たちは、海外で実力を発揮することが可能だと思います。

このサイトを訪れる人は少なからず海外で就職することに興味がある人だと思います。一概に海外で就職すると言っても、我々日本人には幾つかの選択肢があります。ここで紹介するのは、学生や若い人だけでなく、30代40代はては50代といった人にも海外就職の一助になれば良いと思います。

しかし、就職となると不安なことがつきまとうと思います。その不安なことについて色々相談に乗ってくれるのが人材紹介会社です。でも、いきなり初めての土地で働くのは不安だという方には、海外の労働環境に触れ期間限定で就労体験が出来るインターンシップやワーキングホリデーという選択肢をオススメしたいです。既に海外に居住している人は現地採用といった選択肢があります。他にも海外に進出しているような企業で働くというのも一つの選択肢だと思います。

お勧めの海外求人・就職支援サイト(外部リンク)
アースタイムス    http://www.earthtimes.jp
キャリアリンクアジア http://kyujin.careerlink.asia

このような主旨のもと、「海外で就職する」をテーマに色々な働き方を提案したいと思います。

インターンシップ:学生などが就業体験を行えます。場合によっては、そのまま就職なんてことも。

ワーキング・ホリデー:滞在費を捻出する名目での就労が行えます。

人材紹介会社へ登録:求職者と企業の架け橋となる会社

海外進出企業で働く

現地で採用される(現地採用)

その他

以上、①〜⑥が主な働き方となります。気になるコンテンツをクリックすると詳細がご覧になれます。